スマートフォン用の表示で見る

六甲颪

キーワードの候補

2件

音楽

六甲颪

ろっこうおろし

正式名称「阪神タイガースの歌」。「六甲おろし」とも表記される。

作詞:佐藤惣之助、作曲:古関裕而


1936年佐藤惣之助の作詞、古関裕而の作曲によって『大阪タイガースの歌』として生まれ、

同年3月25日甲子園球場の近くにあった甲子園ホテル(現、武庫川学院甲子園会館)でお披露目パーティーが開かれ、

二百人程度の関係者らに中野忠晴が歌ったレコードも配布された。

しかし当時は関係者以外にはほとんど広まらず、戦後若山彰の歌唱で広まる。

その後、甲子園球場阪神戦で流されるようになる。

1961年、歌詞の一部が変更され、「大阪タイガース」の部分が「阪神タイガース」となる。

1970年代以降、中村鋭一により阪神ファンに広く歌われるようになったとされる。

1985年阪神タイガース日本一以降は、全国区の知名度になった。

1993年には、トーマス・オマリーが歌う英語詞バージョンも出現した。

2001年には、広澤克実ヒーローインタビューの後に熱唱した。

応援団の「国歌斉唱」の合図で演奏される。


1.六甲颪に 颯爽と

  蒼天翔ける 日輪の

  青春の覇気 美しく

  輝く我が名ぞ 阪神タイガース

  オウオウオウオウ 阪神タイガース

  フレフレフレフレ

2.闘志溌剌 起つや今

  熱血既に敵を衝く

  獣王の意気 高らかに

  無敵の我等ぞ 阪神タイガース

  オウオウオウオウ 阪神タイガース

  フレフレフレフレ

3.鉄腕強打幾千度び

  鍛えてこゝに 甲子園

  勝利に燃ゆる 栄冠は

  輝く我等ぞ 阪神タイガース

  オウオウオウオウ 阪神タイガース

  フレフレフレフレ

一般

六甲颪

ろっこうおろし

六甲おろし

10月から2月ごろにかけての寒い季節に、六甲山から阪神地方に吹き下りる寒冷な北風。かなり強く、時に突風となる。

阪神地方名産の灘の清酒の仕込みにはこの風がもたらす寒さが欠かせない。