スマートフォン用の表示で見る

六国史

読書

六国史

りっこくし

六国史の後

六国史以後、朝廷は国史を撰修することを止めなかったが、戦乱の相次によって伝われなかった。

最初、六国史を継ぐ史料として『新国史』*1を成立したが、戦乱のために焼失された。*2

東大寺要録』の「雑事章之餘」に、「新記二十巻」とある。前記の『新国史』の巻と合致しないため、同じモノか違うものか知る由もない。

近衛天皇朝、鳥羽上皇の命令によって藤原通憲信西)が残存の『新国史』と公家の日記*3などの史料を集めて、六国史を継ぐ国史を編纂しようが、通憲が平治の乱(1159年)で死んだため、未定稿に終わったうえ、多くが散逸している。現存しているのは935年〜1153年のうち一部だけ。*4


いま、六国史以後の編纂史料として、『日本紀略』の独自の部分、『本朝世紀』、『扶桑略記』、『吾妻鏡』、『本朝通鑑』、『大日本史』、『日本国史略』、『大日本史料』などがある。





*1:『本朝書籍目録』には:「『新国史』四十巻、朝綱撰、あるいは清慎公撰。仁和より延喜にいたる。」『拾芥抄』には:「『新国史』五十巻」とある。

*2:同時が焼失されたものには「日本後紀 四十巻」、「新国史 四十巻」、「類聚国史 二百巻」を含めてほどの大惨事。角田文衛著『平安の春』には:都を焼土と化した大乱が公卿や社寺に架蔵されていた厖大な量に上る文書、記録、典籍を灰燼に帰させたのは、惜しみてあまりあることであった。云云。眼を覆うほどの惨劇であった。という。

*3:例えば、「史官記」「外記日記」など。

*4:『本朝世紀』という。