六道

一般

六道

ろくどう

仏教において、一切の衆生が善悪の因果によって転生する世界。六界。六趣。読みは「ろくどう」、なんか知らんけど「六」は通常でも、おもに仏教用語で使われるはずの呉音で「ろく」と発音されるので、漢音表現である「りくどう」は一応間違い。

地獄界」「餓鬼界」「畜生界」「修羅界」「人間界」「天界」の六つに分けられ、「天界」といえども苦しみの輪廻する世界を脱せず、輪廻しない永遠不滅の世界が「仏の世界(仏界)」であると言われている。

地獄道(火途) 餓鬼道(血途) 畜生道(刀途)は、三途、三趣三悪道と言われ比較的否定的であり、

修羅道 人道 天道 は比較的肯定的にとらえられる。