スマートフォン用の表示で見る

六道りんね

マンガ

六道りんね

ろくどうりんね

高橋留美子作『境界のRINNE』に登場するキャラクターであり主人公。

祖母が死神、祖父が人間の"死神みたいな"人。

ある理由で住む場所がなく、三界高校の廃校舎にひっそりと暮らす貧乏高校一年生。

死神の仕事(この世に未練のある幽霊を輪廻の輪に導く)と学校生活に追われている。

貧乏なためお金の事になると熱くなるが、

基本あまり感情を表に出すことはなく、マイペースである。

真宮桜に関しては仕事を一緒にしていくうちに徐々に気になってきている模様。