倭大国魂神

一般

倭大国魂神

やまとのおおくにたまのかみ

日本神話に登場する神である。日本大国魂神とも表記する。奈良県天理市大和神社祭神である。

日本書紀」には崇神天皇6年の条に登場する。宮中に天照大神と倭大国魂を祭っていたが、天皇は2つの神の神威の強さを畏れ、宮の外で祀ることにした。天照大神は豊鍬入姫命に託して大和の笠縫邑に祭った。倭大国魂は渟名城入姫命に預けて祭らせたが、髪が落ち、体が痩せて祀ることができなかった。 その後、大物主神を祭ることになる件が書かれている。