和歌山カレー事件

社会

和歌山カレー事件

わかやまかれーじけん

【概要】

 1998年7月25日夕方、和歌山県和歌山市郊外の園部という町で開催された夏祭りで、亜ヒ酸が混入されたカレーを食べた67人がヒ素中毒と認定され、うち4人が死亡した事件。「和歌山毒カレー事件」「和歌山カレー毒物混入事件」「和歌山毒物カレー事件」などともいう。

【経過】

 事件発生から1ヶ月後、「朝日新聞」8月25日付け朝刊のスクープをきっかけに、のちにカレー事件の犯人として逮捕される林真須美(※1)被告人と林健治さんの夫婦が、周囲の人間に毒物を飲ませるなどして保険金詐欺を繰り返していた疑惑が浮上。夫婦に対するメディア総出の犯人視報道が展開される。

 やがて、夫婦の逮捕を煽るメディア主導の世論に煽られるように10月4日、和歌山県警林真須美被告人保険金詐欺などの容疑で別件逮捕。その後、黙秘を貫いた真須美被告人を警察は2度再逮捕した末、12月9日に「本件」のカレー事件の容疑で逮捕する。

 林真須美被告人は一審の和歌山地裁では黙秘したままに02年12月11日に有罪・死刑判決。さらに黙秘を撤回して自分の言葉で無実を訴えた二審の大阪高裁でも05年6月28日に控訴棄却、再び有罪・死刑判決を言い渡され、現在は最高裁に上告中。

  

※正式な表記は「林眞須美


【支援団体のHP】

林眞須美さんを支援する会