和気清麻呂

一般

和気清麻呂

わけのきよまろ

藤野別清麻呂吉備藤野和気清麻呂輔治能清麻呂別部穢麻呂天平5年(733年)〜延暦18年(799年)2月21日。

和気氏祖。姉に和気広虫がいる。

備前国藤野群の出身。宇佐八幡宮神託事件で有名。他、平安遷都など多くの開発事業を指揮した。

戦前教育では身の危険も顧みず大悪人・道鏡皇位簒奪を防いだ、楠木正成名和長年と並ぶ三忠臣として必ず教えられ、神護寺和気神社信仰も厚い。しかし背後に藤原百川桓武天皇らの影がちらつき、単なる政権抗争の一幕に過ぎないとの指摘もある。