和田英作

アート

和田英作

わだえいさく

画家。明治7年(一八七四)〜昭和34年(一九五九)鹿児島県肝属郡に生れ、清水市で没。


曾山幸彦、原田直次郎に学んだが、のち黒田清輝に師事した。明治30年東京美術学校を卒業、白馬会の創立に参加。同32年ドイツフランスに留学して、ラファエル・コランに師事。同35年帰国、東京美術学校教授。大正8年帝国美術員会員、のち帝国芸術院会員、帝室技芸員、日本芸術院会員となった。昭和7年から東京美術学校の校長をつとめた。同18年文化勲章を受章。代表作は『渡頭の夕暮』『思郷』(東京芸術大学)。