惑星ソラリス

惑星ソラリス

(映画)
わくせいそらりす

Солярис

  • 1972年|ソビエト社会主義連邦共和国|カラー|167分|画面比:2.35:1|MPAA: PG

概要

未来。表面が全て海で覆われている惑星ソラリスに浮かぶ海上ステーションで、異常事態が発生した。調査の為に科学者クリスが派遣される。ステーション内は荒廃し、常駐の科学者3人は皆、発狂しているように見えた。やがてクリスは自殺したはずの妻ハリーがステーション内に居るのを目撃する。
スタニスワフ・レムのSF小説を、タルコフスキーが映画化した名作SF。人間の心理、意識をテーマとし、また原作とは大きく異なっている為にレムの不興を買ったが、タルコフスキーの名前を一躍世界的なものにした。序盤の未来都市として東京・赤坂付近の首都高速が登場する。

予告編

原作

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)

ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)

ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)

関連作品

関連語

SF映画



リスト::外国の映画::題名::わ行

ネットの話題: 惑星ソラリス

人気

新着

新着ブログ: 惑星ソラリス