スマートフォン用の表示で見る

湾岸戦争症候群

一般

湾岸戦争症候群

わんがんせんそうしょうこうぐん

湾岸戦争に従軍した兵士に集団的発生した白血病・癌・脱毛症・痛み・疲労感・記憶障害などの症状の総称

帰還兵のみでなく、出産異常や子供たちの先天性障害の多発が報告されている

原因としてイラク軍が使用した化学薬品、神経ガス防御用に米軍兵士に強制投与された試薬ピリドステグミン、防虫剤DEET、油田炎上や大量の石油流出による大規模環境汚染劣化ウラン、などがあげられている

雑誌LIFE1995(平成7)年11月号で紹介される

アメリカ下院の小委員会では、劣化ウランとの因果関係を検証する公聴会を開催