國母和宏

スポーツ

國母和宏

こくぼかずひろ

男性プロスノーボーダースノーボード指導者。

略歴

1988年8月16日生まれ。北海道石狩市出身。

4歳でスノーボードを始め、「最年少」と名の付く記録を次々に更新。

WinterX-Gamesで4位に入るなど、海外でも活躍。

2006-07シーズンのスタンダードフィルムのビデオでフルパートを獲得。

トリノオリンピックバンクーバーオリンピック男子ハーフパイプ日本代表

バンクーバーオリンピックで服装、態度問題で問題に。

2010年と2011年全米オープンを連覇。

全日本コーチ就任

2013年、全日本スキー連盟は全日本チームへの技術アドバイザー就任を要請。海外での経験や高い技術力、若い選手たちから人望などが考慮されての要請だった。

2013年-2014年スノーボードワールドカップに技術コーチとして帯同し、続くソチ五輪でも技術コーチとして平野歩夢銀メダル平岡卓銅メダル獲得に貢献した。