市川團十郎 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アート

團十郎

だんじゅうろう

歌舞伎役者・市川團十郎

数ある名跡の中でも、「市川團十郎」はもっとも権威あるものと捕らえられている。屋号は成田屋元禄期から現在まで、12代を数える、「歌舞伎十八番」の“家元”。なぜか早死にや非業の死が多い。

九代目(1838–1903)

  • 七代目市川團十郎の五男。「團菊左時代」を築いた
  • 高い功績から「劇聖」と呼ばれるほか、歌舞伎の世界では単に「九代目」と呼ぶと彼のことを指す

十一代目(1909-1965)

十二代目(1946〜2013)