スマートフォン用の表示で見る

實松一成

スポーツ

實松一成

さねまつかずなり

プロ野球選手。 「実松一成」は簡易表記。

右投右打、ポジションは捕手

1981年1月18日生まれ。佐賀県諸富町(現:佐賀市)出身。血液型A型。

佐賀学園高校から1999年、ドラフト1位で日本ハム・ファイターズに入団。

松坂世代の一人として、2000年より控えの捕手として一軍に定着。

リード力など守備面の評価は高いがあまりにも打てず、三振数が多い*1


2004年以降、高橋信二の台頭により出場機会が減少。

2006年の開幕直前、岡島秀樹との1対2の交換トレードで、古城茂幸と共に読売ジャイアンツへ移籍。


打撃成績

02年  170打数22安打64三振  打率.129

03年  92打数9安打51三振  打率.097

04年  20打数3安打11三振  打率.150

リスト::野球選手

経歴

年度所属背番号備考
1995-1998佐賀学園高校-夏の甲子園アジアAAA選手権出場
1999-2005日本ハム・ファイターズ
北海道日本ハムファイターズ
401998年ドラフト1位(松坂大輔の外れ指名による入団)
2006-読売ジャイアンツ69→53→27實松・古城茂幸岡島秀樹との交換トレード

*1:長打力がないわけではないのだが、安打数・本塁打数・打点数・三振数を見ればそのバランスの悪さは歴然としている。