巖垣松苗

読書

巖垣松苗

いわがきまつなえ

巖垣松苗、また巖垣東園という。本名西尾維光、のち巖垣姓。字長等・千尺、号謙亭・東園。

大炊助・大舎人助・音博士などを歴任。幕末の漢学者・史学者。


安永三年京都生まれ、従五位下大舎人助・兼大學音博士任西尾杏庵の男。後、厳垣彦明の養子となり、古註学者の伏原宣光の門下で学んだ。嘉永二年没、享年七十六。贈従四位


著書に『日本国史略』があり、尊皇憂國の思想が極めて濃厚である。