スマートフォン用の表示で見る

攝津幸彦

一般

攝津幸彦

せっつゆきひこ

戦後世代のカリスマ的俳人

1947年兵庫生まれ。

高槻中学・高校から関西学院大学に進学し、学生時代に俳句と出会う。

関学俳句設立

同人誌日時計」「黄金海岸」の創刊に参加。

俳句研究」50句競作で高柳重信の目に止まる。

1980年同人誌「豈」創刊。

仲間に、大井恒行・筑紫磐井・仁平勝ら。

1996年、49歳で病没。

攝津幸彦全句集』『攝津幸彦全文集-俳句幻景』がある。

新刊の『攝津幸彦選集』に、第一句集『姉にアネモネ』第二句集『鳥子』全句を含む

800句とインタビュー二本、筑紫磐井による「攝津論」が載り、

攝津幸彦への近道となっている(邑書林、2006.9刊、1680円)

ISBN4-89709-544-1 C0092 \1600E

作品から……

猫踏めばたちまち曇るかきつばた

幾千代も散るは美し明日は三越

南国に死して御恩のみなみかぜ

階段を濡らして昼が来てゐたり

桜餅ひとつの次のふたつかな