スマートフォン用の表示で見る

晝海幹音

音楽

晝海幹音

ひらまみきお

昼海幹音1976年5月5日生まれ。北海道出身

小学校高学年でギターと出会って以来の音楽人生。中学時代はテニスとギター、高校時代は英会話とギターに捧げた青春。いずれも音楽が真ん中に。高校卒業後はバイトとバンドを掛け持ちしながらオリジナル楽曲を録り貯める毎日。23歳の時上京。24歳の時に完全セルフプロデュースのアルバム「YUME TO NEGOTO」でソロデビュー。以降ソロミュージシャンとしての活動と並行させ、幾つものセッションやライブにギタリストとして参加。

2003年の椎名林檎の実演ツアー「雙六エクスタシー」を経て、その時のメンバーとともに2004年、バンド「東京事変」として活動を始める。一方2005年春より昼海 幹音としてソロ活動も再開。現在は東京事変を脱退、新たなるスタートを切る。