洒落本

読書

洒落本

しゃれぼん

江戸時代中期の戯作の一種である文学作品。半紙四分の一大の小型の判型で「こんにゃく本」とも呼ばれた。

概要

遊里?遊廓)での遊びについて書かれたものがほとんどで、「粋(いき)」を理想とし、遊女と客の駆け引きを描写したり、野暮な客を笑いのめした内容が主であり、話を楽しむためだけでなく、実用的な遊び方指南や一種のガイド本として読まれた。

もとは仮名草子の遊女評判記?の類や、井原西鶴らの浮世草子にある遊里?描写がルーツであるが、洒落本の元祖と目されるのは享保年間出版の『両巴巵言(りょうはしげん)』(1728年)、『史林残花』で、漢文体で江戸吉原の風俗を滑稽に描いたものである。

のちには俗語の会話体を主としたものに変わっていった。无々道人(漢学者沢田東江?の変名)の『異素六帖』(1757年)は仏者、歌学者、儒者の3人が色の道や遊里について面白おかしく議論するという内容である。

明和期の『遊子方言』(1770年)に至って洒落本のスタイルが整った。通人をきどる男がうぶな息子を連れて吉原に行くという筋で、茶屋の女房や遊女らとの会話を中心にして吉原の風俗や粋と野暮との対比を描いている。これが評判となり、類書が多く作られた。遊里の細部を描写する「うがち」を特徴とする。洒落本の全盛は天明期前後で、代表的な作者は山東京伝らである。大田南畝もいくつかの変名で書いているといわれる。

松平定信が主導した寛政の改革のもと、1791年に京伝の作(黄表紙と洒落本)が摘発され、版元の蔦屋重三郎は過料、京伝は手鎖50日という厳しい処罰を受けたため、一時洒落本は姿を消した。寛政の後期から復活し、十返舎一九式亭三馬らも洒落本を書いたが、やがて遊里?の世界を離れた滑稽本人情本が主流になっていった。