スマートフォン用の表示で見る

浙江財閥

社会

浙江財閥

せっこうざいばつ

19世紀後半〜20世紀初頭に、中国最大の貿易都市である上海を拠点とした浙江・江蘇両省出身の金融資本家集団の総称。幇を基盤に発展し、銀行、銭荘、儲備銀行などを中心とした金融資本があった。

1927年蒋介石上海クーデターを支援、南京政府の経済的支柱として支配力を振るった。官僚資本である四大家族の独占的地位確立につれて没落、第2次大戦中から戦後にかけて解体された。