漱石前期三部作

読書

漱石前期三部作

そうせきぜんきさんぶさく

三四郎』、『それから』、『門』をいう。青春の迷い、生の不安などを描いた。