スマートフォン用の表示で見る

澁谷知美

一般

澁谷知美

しぶやともみ

著書「日本の童貞」で一躍、名をはせた社会学者

■自称社会学者1972年大阪市西区生まれ。1995年早稲田大学第一文学部卒業、2000年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学(教育社会学)。日本学術振興会特別研究員、早稲田大学教育学部非常勤講師をへて、現在東京女学館大学など非常勤講師東京大学大学院教務補佐、国際日本文化研究センター共同研究員。

■専門は社会学および教育社会学ジェンダー論、セクシュアリティ論。とくに男性のセクシュアリティの社会史。

■日本社会学会、日本教社会学会、日本女性学研究会、日本家族史学会、日本医史学会会員。日本テレビバラエティ作家セミナー元受講生(1997年前期オフィスぼくら組)。

■主著:『日本の童貞』(文春新書、2003年)