濱中おさむ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スポーツ

濱中治

はまなかおさむ

プロ野球選手(外野手)。背番号は66→25→31→5→7。

1978年7月9日生まれ、和歌山県出身。179cm84kg。右投右打。

明洋中学校→南部高校→阪神タイガース(1996年ドラフト3位)→オリックス・バファローズ(トレード)→東京ヤクルトスワローズ(テスト入団)


類希な長打力で早くから将来の4番打者候補として期待され、「虎のプリンス」の異名を持つ。

2001年から登録名を「濱中おさむ」に変え、1軍に定着。2003年は開幕から4番に座り、快進撃を続けるチームの中心打者として順調に打点を積み重ねていたが、シーズン途中に右肩を傷め離脱。手術を経て復帰を果たすも2004年開幕早々に右肩痛を再発。苦しいリハビリの末、2005年交流戦直前にチームに合流。巻き返しが期待される。

2006年、登録名を本名に戻す。

2008年、吉野誠とともに、阿部健太平野恵一との交換トレードでオリックスへ移籍。

2011年ヤクルトにテスト入団。

リスト::野球選手