スマートフォン用の表示で見る

濱田庄司

アート

濱田庄司

はまだしょうじ

陶芸家。[1894年〜1978年] →浜田庄司

東京出身。民芸品を芸術にまで高めた功労者。

1894年 生家は東京芝神名町。文房具屋の長男として生まれる。府立一中を経て、東京工業高校板谷波山に学び、終生の友河井寛次郎を知る。

1916年 京都陶磁器試験場に入所、窯業技術を学ぶ。

1920年 バーナード・リーチの誘いにより渡英、セント・アイブスに築窯作陶活動に入る。

1924年 帰国、益子町に移住。本格的に陶芸を始める。柳宗悦河井寛次郎等と民藝運動を始める。

1930年 近在に農家を移築して母屋となす。いご1942年までの間次々と古民家を購入、浜田邸が構築される。

1955年 第一回重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に指定される。

1968年 文化勲章を受ける。

1977年 自作と蒐集した民藝品からなる益子参考館を開館。

1978年 83歳にて死去。