スマートフォン用の表示で見る

甕速日神

一般

甕速日神

みかはやひのかみ

日本の神話に登場する神。神産みにおいてイザナギカグツチの首を切り落とした際、十束剣の天之尾羽張の根元についた血が岩に飛び散って生まれた三神の一柱で火の神とされる。また、武甕雷男神と同様に刀剣の神であるとも言われている。