スマートフォン用の表示で見る

纒向遺跡

地理

纒向遺跡

まきむくいせき

奈良県桜井市三輪山の北西麓一帯にある遺跡弥生時代末期から古墳時代前期にかけての遺跡だとされる。

遺跡の範囲は東西約2km・南北約1.5kmと広大で、これまでに大規模な建物跡や水路などの遺構が見つかっている。

また、北九州から関東地方までの土器や遺物が出土することなどから、日本各地の交易の拠点になっていたと考えられている。

このことから、邪馬台国ヤマト王権との関係が取り沙汰されている。

遺跡内には最古級の前方後円墳が点在しており、なかでも箸墓古墳卑弥呼(あるいは台与)の墓とする説がある。