翔べ!必殺うらごろし

テレビ

翔べ!必殺うらごろし

とべひっさつうらごろし

必殺からくり人富嶽百景殺し旅 → 翔べ!必殺うらごろし → 必殺仕事人

人気時代劇「必殺シリーズ」第14弾。時代劇としては異色ともいえる、超常現象を題材にした作品である。

1978(昭和53)年12月8日より1979(昭和54)年5月11日まで全23回にわたって放送された。

本作では超常現象の実在が前提とされており、それらに怯える俗世の人々からの依頼を受け、霊能力者である先生が事件解明に乗り出し、超常現象を引き起こす悪人を仕置していくというのが基本的な流れである。

製作にあたり題材な特殊なため、当時マスコミ超常現象に関する情報を提供する集団『UFO研究会』を外部ブレーンとして招き、作品に協力してもらっていた。

また、本作に登場するレギュラーメンバーは、住居も無く正確な名前も存在しない(正確な名前で呼ばれるのは「正十」だけだが、この正十も「新必殺仕置人」「必殺商売人」に登場した正八と同一人物説が流れており、定かではない)。

従来の必殺シリーズのコンセプトである「弱者の晴らせぬ恨みを晴らす」と、オカルト世界の共存という新境地を目指した作品であったが、準備期間が十分でなかったことに加え、視聴者からの反応は冷たく、その結果必殺シリーズ打ち切りが決定してしまうことになる。そして、この作品の失敗が次作「必殺仕事人」をきっかけとするシリーズを生むことになる。

再放送の機会も少なく、幻のシリーズとして希少価値の高い作品だが、1話ごとの完成度は高い。

最終回では若が病気ということでほとんど出番が無いのだが、これは若を演じていた和田アキ子が本当に体調不良で動けなかったからである。