隋王朝

社会

隋王朝

ずいおうちょう

中国王朝のひとつ。隋、隋朝、隋帝国とも。

(西暦581年〜618年)

581年、高祖の楊堅が、北周の静帝から禅譲を受けて建設。長安(大興)に都し、589年に陳(南朝最後の王朝)を併合して南北朝時代を終わらせた*1

2代皇帝煬帝の時代に各地で反乱が発生し、618年、3代で滅んで唐王朝にとってかわられた。しかし、社会的制度の面では後の唐代の基礎となっており、このためこの二代を合わせて「隋唐帝国」と呼ぶこともある。

日本との関係においては、ヤマト王権大和朝廷)が遣隋使を送って国交を結んでいることで知られる。


*1:隋の支配が短期間であったため場合によっては北朝に含めてしまい、南北朝終焉は次代の唐王朝に任せる考え方もある