艾未未

一般

艾未未

あいうぇいうぇい

1957年、現代中国を代表する詩人アイ・チン艾青を父に北京で生まれ、1978年に北京電影学院入学。1979年および81年に前衛芸術集団「星星画会」展に参加後、渡米。1993年に帰国して以降は、出版活動の傍ら、チャイナ・アート・アーカイヴ&ウエアハウス(CAAW)を拠点に中国の若手アーティストを支援。2000年の「不合作方式(FUCK OFF)」展を共同企画する傍ら、1999年の自邸兼スタジオの設計以降、70を越える建築・都市開発プロジェクトに携わる。

近年の展覧会には、「第11回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展」ヴェネチア(2008年)、「第8回リバプールビエンナーレリバプール(2008年)、「ドクメンタ12」カッセル(2007年)、「麻雀:シッグコレクションの現代中国美術」(2006年以降巡回)などがある。

2010年11月、北京の自宅において中国当局により軟禁された。艾未未は四川大地震で校舎の下敷きになり児童が死亡したことについて、当局の責任追及をしたり、上海市人権活動家馮正虎ドキュメンタリー制作に関わっていた。

2011年4月には、北京香港行きの航空機へ搭乗しようとしたところ、出入国管理局当局者に拘束され連行された。