荀紣 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

社会

荀彧

じゅんいく

中国後漢の人物(163年? - 212年?)。潁川郡?穎陰県?の人。字(あざな)は文若。荀淑?の孫。荀ギ?、荀粲?の父。『三国志』に伝がある。

若い頃、南陽の名士であった何顒?の評価を受け、その才能を認められた。

戦乱が勃発すると、最初は同郷の郭図?や辛評?らと共に袁紹を頼ったが、後に袁紹を見限り、いまだ弱小勢力であった曹操に仕える。

曹操荀彧の智謀を自分にとっての張良前漢の名軍師)であると絶賛した。

194年?呂布との戦いでは夏侯惇や程昱?*1らと共に曹操が留守中の兗州を守り抜いた。

曹操献帝を奉じて強盛になっていくと、荀彧は宮廷に睨みを利かせると共に、甥の荀攸をはじめとして、鍾繇郭嘉陳羣などの優れた人物を推挙し、曹操の勢力拡大に大きく貢献した。

200年?官渡の戦い曹操袁紹を破ったのは、荀彧の働きが大きかった。

智謀や人物眼に優れ、曹操軍には欠かせない存在の荀彧であったが、漢王朝復興を目的とする荀彧と、自らが漢の支配者になろうとする曹操

との間で意見のすれ違いが生じ、次第に疎遠となってしまったとされる。

212年?荀彧曹操揚州遠征に同行した先で発病し、そのまま亡くなった。一説には、自害を強いられる形で服毒して最期を迎えたともされている。

文字参照使用キーワード

リスト::三国志関連