スマートフォン用の表示で見る

萬屋錦之介

映画

萬屋錦之介

よろずやきんのすけ

俳優。歌舞伎役者。旧名は中村錦之助。本名は小川錦一。

1932年11月20日生まれ。東京都出身。弟は俳優の中村嘉葎雄

戦後を代表する時代劇俳優。主演する作品のほぼ全てが話題作となり、今でもその存在は伝説として語り継がれている。

三代目中村時蔵の四男として生まれる。四歳で初舞台を踏んだ彼は、歌舞伎の名門「播磨屋」の芸風を受け継いていった。

1953年、公演中に美空ひばり親子の目に留まり、新芸プロから映画界への誘いを受けた錦之介は、歌舞伎界から離れ映画界入りを決意し、1954年、中村錦之助の名でデビュー。『ひよどり草紙』で美空ひばりの相手役として出演する。

翌年には東映と契約し、『笛吹童子』『紅孔雀』に出演。映画は大ヒットし、全国の若者のアイドルとなり錦之介ブームを巻き起こした。

その後も内田吐夢伊藤大輔加藤泰山下耕作といった巨匠のもとで主演を演じ、人気者から演技派へとじょじょに転身し、その頭角を現してきた。中でも内田吐夢監督作品である『宮本武蔵』は、彼にしか出すことの出来ないエネルギッシュな武芸者を熱演し、高い評価を得る。以降、宮本武蔵は当たり役となり、ライフワークとなっていく。

時代劇の第一人者として世間からも認知された錦之介であったが、1960年中頃より、東映は任侠映画主体に路線転向し、時代劇作品から手を引くことを発表。時代劇にこだわりのあった錦之介は東映との契約を解約し、フリーに転向することを決意する。

1966年東映を退社。同年、女優の淡路恵子と結婚。様々な障害があったが、1968年中村プロダクション」を設立。日本映画復興協会を起こし、映画だけではなくテレビの世界へも進出をしていく。

中でも、1973年から始まる『子連れ狼』は、錦之介の重厚な演技と、冥府魔道に生きるというハードな世界観の中にある大五郎役の西川和孝の無垢なキャラクターが視聴者に受けて大ヒット。放送終了後も反響を呼び、連続シリーズでは3作品が作られ、1984年にはスペシャル版が製作されている。

他にも『破れ傘刀舟破れシリーズ)』『長崎犯科帳』などのテレビシリーズに主演し、どれも高い評価を得、テレビ時代劇の顔として一時代を築き上げていく。

1978年、7年ぶりに映画の世界に帰ってきた錦之介は、12年ぶりに東映の時代劇映画に主演。『柳生一族の陰謀深作欣二監督作品)』で柳生宗矩役を演じた彼は、錦之介健在をアピール。映画においても、存在感は全く色あせていないことを証明する。

その後は主にテレビシリーズに出演し『鬼平犯科帳』『それからの武蔵』などで活躍するが、1982年中村プロダクション倒産。莫大な借金を抱え、更に歌舞伎座公演中に倒れ入院。重症筋無力症と診断される。ところが、驚異的な回復力を見せた錦之介は筋無力症を克服。11月には退院し、1984年放送の『子連れ狼』で復活を果たす。

1989年、芸能生活50周年を迎えた錦之介は、『本覺坊遺文 千利休熊井啓監督作品)』に出演。独特の存在感を見せつけた。

その後はテレビスペシャルシリーズの時代劇、或いは、現代劇に出演。平成6年には歌舞伎座「六月大歌舞伎」にも参加し、歌舞伎狂言「極付幡随長兵衛」で主役をはると同時に、甥・五代目時蔵の息子たちの初舞台の口上を述べた。

花の乱NHK大河)』にも出演するが、1996年には中咽頭癌手術を受け、『毛利元就NHK大河)』の出演を降板。

1997年3月10日14時41分、肺炎のため永眠。享年64歳。

華やかな映画スターとして君臨していたが、裏では2度の離婚、設立事務所の倒産、度重なる病魔との闘いなど、波乱の芸能人生を送っていたが、その存在感は死してなお、語り継がれている。

現在、CS放送などの再放送を通じ、現代の時代劇マニアの間で密かなブームとなっている。

代表作

  • 映画
    • 出演作が多いのでこちらをご覧ください。
  • テレビドラマ
      • 他多数
  • 舞台
      • 他多数