蔡焜燦

読書

蔡焜燦

さいこんさん

ツァイ・ウンツァン

台湾人実業家

1927年、生まれ。

1989年から2001年まで半導体デザイン会社「偉詮電子股分有限公司」の董事長を務めた。

知日派(当人は「愛日家」と自称)として知られる。司馬遼太郎紀行文集『街道をゆく台湾紀行』では案内役として老 台北(ラオ・タイペイ)の愛称で登場する。2014年4月には、台湾にて日本の短歌を通じて日台の交流に貢献したとの理由で、日本国より旭日双光章が贈られた。

2017年7月17日、死去。

著書