蘆花浅水荘

地理

蘆花浅水荘

ろかせんすいそう

日本画家の山元春挙琵琶湖西岸に建てた別荘。記恩寺とも。

重要文化財であったが、2011年10月に所有者が土地の一部を売却し、日本初の「重要文化財一部指定解除」となった。売却した土地は別荘の裏手であり、所有者は「指定範囲と認識していなかった」という。建物や琵琶湖側の庭園は重要文化財のままである。