蜷川順子

アート

蜷川順子

にながわじゅんこ

西洋美術史学者、関西大学教授。1954年長崎市に生まれ下関市で育つ。1977年京都大学農学部農芸化学科卒、1981年京都大学文学部美学美術史学専攻卒、86年同大学院文学研究科博士後期課程満期退学2011年ヘント大学(ベルギー)で博士。関西大学文学部助教授、2007年教授。西洋美術史、特にルネサンス期の北方絵画をめぐって、その意味や機能を中心に研究。

著書

  • 『図解雑学美術でたどる世界の歴史』ナツメ社 2004

共編著

  • 『初期ネーデルラント美術にみる〈個と宇宙〉 1 人のイメージ 共存シミュラークル』責任編集 今井澄子, 平岡洋子, 木川弘美, 平川佳世, 深谷訓子共著 ありな書房 2011
  • EUと日本学 「あかねさす」国際交流』藪田貫, 浜本隆志編著 芝井敬司, 山本登朗, 関屋俊彦, マーク・メリ, 森貴史共著 関西大学出版部 2012
  • 『顔をみること 表された顔をめぐる美術史文化史的断章』編著 鼓みどり, 中谷伸生,バーバラ・バート, 溝井裕一著 関西大学出版部 2012
  • 『油彩への衝動』編 中央公論美術出版 2015

翻訳