スマートフォン用の表示で見る

襤褸

一般

襤褸

らんる

明治から昭和初期布類は高価で、庶民の暮らしには貴重品だった。破れたら当て布をしてまた使う。何枚も重なる布と縫い目。この継ぎはぎだらけの布を襤褸と呼ぶ。