趙累

社会

趙累

ちょうるい

中国後漢の人物(生没年不詳)。劉備(三国の蜀蜀漢の創始者)の部将の関羽の都督。

219年?荊州方面から北上して樊城の曹仁を攻めた関羽に従う。しかしその間に呉(孫呉)の孫権の命令を受けた呂蒙陸遜らが関羽の留守中に侵攻し、荊州を奪われてしまう。関羽荊州を奪還せんと荊州に戻るが時すでに遅く、荊州の大半は孫権に奪われてしまった。

関羽は降伏をするふりをして逃亡を図ったが、臨沮で孫権の部将の潘璋朱然の軍勢に囲まれ、潘璋の部下の馬忠に子の関平とともに捕らわれて処刑された。この時、関羽に付き従っていた趙累も呉に捕らわれたという記録があるが、その後の処遇は明らかではない。

三国志演義』では、関羽軍の糧秣官として登場した。王甫?に忠義の士と評され、素行に問題のあった潘濬?の代わりに荊州の守備を任せるべきだと関羽に推薦されたが、糧秣官としても優秀であったため、関羽はその進言を用いることはできなかった。

リスト::三国志関連