スマートフォン用の表示で見る

頽廃芸術

一般

頽廃芸術

たいはいげいじゅつ

 アドルフ・ヒトラー治世下のドイツにおいて、彼の気に入らない芸術家たちを差別するために

作られた用語。エミール・ノルデとかパウル・クレーなどが実際に迫害され、ドイツからの出国

を余儀なくされた。ヒトラーは画家志望だったが果たせず、その鬱屈した感情をぶちまけたもの

と思われる。