スマートフォン用の表示で見る

魏志倭人伝

読書

魏志倭人伝

ぎしわじんでん

三国志魏書(通称「魏志」)巻三十所収、東夷伝の内の倭人の条の通称。「邪馬台国*1について書かれていることで知られている。

*1:現存する魏志倭人伝(全て十二世紀以降の刊本。三国志成立当時の完本は現存しない)は「邪馬壹國」に作るが、他の史料(『翰苑』『隋書』『梁書』等。現存する三国志より古い時代に作成されたとされる写本を含む)は全て「壹(イチ)」に相当する部分を「臺」としているため、「邪馬臺國」の誤写である蓋然性が強い。現代日本では同音字の書き換えにより「邪馬台国」とする場合がある。ただし、臺と台は本来は別字。