鮑三娘

社会

鮑三娘

ほうさんじょう

鮑三娘(ほうさんじょう、生年不詳〜没年不詳)鮑凱という員外(地主)の三女で、関索の正妻となる。正史三国志演義には登場せず、花関索伝などに登場する。

鮑三娘は美しい娘であったが、武芸に秀で、「自分より武芸に劣る人間とは結婚しない」と言っていた。そのためあちこちの貴公子から求婚しても目もくれず、また、腕に自身のある者が挑戦してきても50合も打ち合わないうち打ち倒し、追い払っていたという。父を訪ねて旅していた関索鮑三娘のうわさを聞き、鮑家の荘を訪れた。すると玄関には、「自分と戦って勝った者を夫とする」と記してあった。そこで鮑三娘に手合わせを申し出、50合も打ち合わないところで鮑三娘を馬から突き落とした。初めて武芸で負けた彼女は、関索に結婚を申し込んだという。

その後鮑三娘は常に戦場まで関策に随行し、共に戦った。しかし諸葛亮南蛮行においてはそれもかなわず、葭萌関を守備することになった。関索の南征中での戦死の報を聞くと、それでも鮑三娘は鎧を脱がずに戦い続け、あとを追うように戦死した。

関索呂蒙討伐までしたエピソードもあるが、その後関策が死亡し、鮑三娘側室の王桃と王悦と共に郷里に帰ったとも。

関索伝には荒唐無稽な話が多く、鮑三娘についてのこれらの記述もおよそ実際にあった話とは思えない。しかし伝説はともかく人物として実在したかどうかについては、彼女の陵墓が残っており、同じく花関索伝に登場する、盗賊の娘とされる王桃と王悦姉妹などと比べれば、少しの可能性はあると考えて良いだろう。