麋竺

社会

麋竺

びじく

後漢から三国時代の人物(? - 221年?)。東海郡朐県の人。字(あざな)は子仲。弟は糜芳。妹は劉備の正妻。子に糜威。孫に糜照。『三国志』蜀志に伝がある。

徐州の豪族の出身で、家は裕福であった。州の長官の陶謙に招かれ別駕従事に任命された。

陶謙が病没すると、その遺命を報じて劉備徐州の長官に迎えた。後に劉備呂布により徐州を追われたが、あくまで劉備を支援し、金銭の援助をすると共に妹を劉備の妻に差し出した。曹操麋竺と弟の麋芳官職を与えて懐柔しようとしたが、麋竺劉備徐州を追われて流浪した後もこれに付き従った。

劉備荊州劉表に身を寄せようとしたとき、麋竺がその使者となった。

劉備益州に入ると、安漢将軍に任命され、諸葛亮孫乾簡雍より高い席次を有した。おだやかで誠実な人柄で弓馬の術にも長けていたが、軍を率いた経験はなかったという。

弟の糜芳荊州が失陥したとき、ほとんど抵抗せずに孫権に降伏してしまったので、それを恥として麋竺は自らを縛って処罰を求めた。劉備には慰留されたがそのまま発病し1年ほどで死去したという。晩年、劉備皇帝即位を群臣と共に推挙している。

三国志演義』でも劉備の初期の忠臣の一人として登場し、長坂の戦いでは曹操軍の捕虜となり、趙雲に救出されている。赤壁の戦いのときには、諸葛亮のことを心配した劉備の使者として周瑜と対面したが、目的を果たせずに帰還している。

リスト::三国志関連