麩屋町通

地理

麩屋町通

ふやちょうどおり

麩屋町通は、京都府京都市にあり、北は丸太町通から南は五条通まで、全長約2.3kmの南北路。

平安京では富小路に該当し、貴族の邸宅が立ち並んでいた通りであったが、応仁・文明の乱の戦火で荒廃した。

1685年刊行の『京羽二重』によれば、1590年、豊臣秀吉京都大改造で通りが再生され、豆腐屋・麩屋・麺類の店が多かっことから、この通り名がついたと記されている。

位置関係

西大路通 富小路通 麩屋町通 御幸町通 東大路通