007は殺しの番号

映画

007は殺しの番号

ぜろぜろせぶんはころしのばんごう

Dr. No

スタッフ

キャスト

概要

ジャマイカに赴任していた英国情報局長が何者かに殺害された。事件の解明を任命された殺しの許可証を持つ情報局局員007号ことジェームズ・ボンドは現地に飛ぶ。そこで彼は宇宙ロケット発射計画を妨害しようとするドクター・ノオの陰謀を突き止める。

スパイ映画の原点にして、同時にスパイ映画ブームを世界中に巻き起こしたシリーズ第1作。低予算ながらヒットし、第2作『007/危機一発』が製作されることとなる。ウルスラ・アンドレス演ずる初代ボンドガール、ハニー・ライダーの登場場面は、後にパロディになるくらいの映画史に残る場面となった*1

*1:シリーズ第20作『ダイ・アナザー・デイ』で、ハル・ベリーが水の中から出てくる場面にも引用されている