03式中距離地対空誘導弾

一般

03式中距離地対空誘導弾

まるさんしきちゅうきょりちたいく

 03式中距離地対空誘導弾とは、日本の陸上自衛隊が2003年に制式化、配備を開始した純国産の最新鋭ミサイルシステムである。

 本ミサイルシステムは旧式化が否めないとされた地対空誘導弾改良版ホークの後継装備として、長距離地対空誘導弾のペイトリオットミサイルシステムと、81式短距離地対空誘導弾(短距離防空)の中間の役目を担うために開発された。

開発主体は防衛省技術研究本部TRDI)。主契約は三菱電機