スマートフォン用の表示で見る

10式戦車

一般

10式戦車

ひとまるしきせんしゃ

10式戦車は、陸上自衛隊において4代目となる、最新の国産主力戦車(MBT)。2009年12月に制式化された。

三菱重工業日本製鋼所が製造。

対機甲戦闘・機動打撃、特殊部隊攻撃対処などの能力が、3代目の90式戦車と比べて大幅に向上している。最大の特徴はC4I(指揮・統制・通信・ コンピュータ−・情報)機能で、陸自ネットワークに組み込まれ、戦車同士が情報を共有できるほか、普通科の野外コンピュータネットワークとも連接し 、普通科部隊と一体化した作戦行動が可能となっている。

また、戦車内部に設置された画面で、敵と味方の位置が捕捉でき、ビルの陰や草に身を隠したゲリラなどの人間も感知して攻撃することができるなど、その高性能ぶりから「走るコンピューター」とも呼ばれている。

また、90式戦車よりも軽量になり、前後左右に傾斜させることが可能な油気圧式懸架装置を搭載している。

諸元

乗員
3人
全備重量
約44t
全長
9.42m
全幅
3.24m
全高
2.30m
最高速度
約70km/h
エンジン
水冷4サイクル8気筒ディーゼル機関 1,200ps/2,300rpm
武装
120mm滑腔砲 / 12.7mm重機関銃 / 74式車載7.62mm機関銃
開発
防衛省技術研究本部
製作
三菱重工業日本製鋼所