スマートフォン用の表示で見る

12人の優しい日本人

映画

12人の優しい日本人

じゅうににんのやさしいにほんじん

舞台劇、またそれを原作とした映画。作は「三谷幸喜東京サンシャインボーイズ」。舞台初演は1990年

アメリカ映画『十二人の怒れる男』をモチーフに、「もし日本に陪審員制度があったら」という設定で展開するディスカッションドラマ。

初演時の出演者は、小原雅人、相島一之阿南健治小林隆、かんみほこ、一橋壮太郎、梶原善、斉藤清子、西村雅彦、宮地雅子、野中功、伊藤俊人ほか。

2005年12月〜2006年1月上演版の出演者は、浅野和之石田ゆり子、伊藤正之、江口洋介小日向文世鈴木砂羽筒井道隆生瀬勝久温水洋一堀内敬子堀部圭亮山寺宏一ほか。

1991年に映画化。監督は中原俊。出演者は、塩見三省相島一之上田耕一、二瓶鮫一、中村まり子、大河内浩、梶原善山下容莉枝、村松克己、林美智子、豊川悦司、加藤善博、久保晶、近藤芳正ほか。91年度キネマ旬報日本映画ベストテン第7位・脚本賞文化庁優秀映画作品賞、毎日映画コンクール脚本賞など。

12人の優しい日本人 [VHS]

12人の優しい日本人 [VHS]