2009 World Baseball Classic

スポーツ

2009 World Baseball Classic

にせんくわーるどべーすぼーるくら

概要

2009年3月5日より4ブロックで1次ラウンドを行い、上位2チーム(ダブルエリメネート方式のトーナメント戦)が2次ラウンドへ進む。

2次ラウンドも同様の方式で上位2チームが準決勝へ進む。2次ラウンドで対戦した相手は準決勝では対戦しない。

準決勝は3月21日または22日に、決勝戦は3月23日に行い、野球の世界一を決める。

WBC独自ルール(06年より一部改訂)

  • 全試合DH制。
  • 投球数は1次ラウンドが70球、2次ラウンドが85球、準決勝と決勝は100球まで。投球中に制限数を迎えた投手は、その対戦打者が打席を終えるまでは投球が認められる。
  • 登板間隔は、50球以上投げた場合は中4日、30球以上50球未満の場合と30球未満でも連投した場合には中1日が義務付けられる。
  • 2次ラウンドまでは5回15点差、7回10点差のコールドゲーム規定。
  • 延長戦は無制限。但し13回以降はタイブレーク適用。前の回の最後の打者とその前の打者を1・2塁に置き、無死1・2塁から打順を変えずにプレーを開始する。
  • 予告先発(前回はプールAのみ)。
  • ホームランの判定にビデオを導入。

日本代表(数字は背番号)

監督・コーチ

監督

83原辰徳

コーチ

72伊東勤 71山田久志 92与田剛 81篠塚和典 63高代延博? 73緒方耕一

代表選手(☆は五輪、◇は前回WBC日本代表経験あり)

位置代表背番号選手名所属球団備考
投手11ダルビッシュ有北海道日本ハムファイターズ
14馬原孝浩福岡ソフトバンクホークス
15田中将大東北楽天ゴールデンイーグルス
16涌井秀章埼玉西武ライオンズ
☆◇18松坂大輔ボストン・レッドソックスMLB
19岩田稔阪神タイガース
20岩隈久志東北楽天ゴールデンイーグルス
☆◇22藤川球児阪神タイガース
26内海哲也読売ジャイアンツ
28小松聖オリックス・バファローズ
☆◇31渡辺俊介千葉ロッテマリーンズ
39山口鉄也読売ジャイアンツ
☆◇47杉内俊哉福岡ソフトバンクホークス
捕手2城島健司シアトル・マリナーズMLB
10阿部慎之助読売ジャイアンツ
29石原慶幸広島東洋カープ
内野手 5栗原健太広島東洋カープ準決勝・決勝のみ
6中島裕之埼玉西武ライオンズ
7片岡易之埼玉西武ライオンズ
8岩村明憲タンパベイ・レイズMLB
☆◇9小笠原道大読売ジャイアンツ
25村田修一横浜ベイスターズ2次ラウンドまで
☆◇52川崎宗則福岡ソフトバンクホークス
外野手☆◇1福留孝介シカゴ・カブスMLB
☆◇23青木宣親東京ヤクルトスワローズ
24内川聖一横浜ベイスターズ
35亀井義行読売ジャイアンツ
41稲葉篤紀北海道日本ハムファイターズ
51イチローシアトル・マリナーズMLB

日本代表の戦績(日時は現地時間)

日時戦国結果備考
3月5日中国○4−01次ラウンド
3月7日韓国○14−27回コールド
3月9日韓国●0−1
3月15日キューバ○6−0ここから2次ラウンド
3月17日韓国●1−4
3月18日キューバ○5−0
3月19日韓国○6−2
3月22日米国○9−4準決勝
3月23日韓国○5−3延長10回・決勝

*1:大会終了後に在籍した者も含める