2012年人類滅亡説

一般

2012年人類滅亡説

にせんじゅうにねんじんるいめつぼ

2012年人類滅亡説とは、マヤ文明において用いられていた暦の一つ長期暦2012年12月21日〜23日頃に一つの区切りを迎えることから連想された終末論の一つ。東日本大震災を筆頭とする2011年震災全般、世界の災害関連もこれらの一種によって進行していると言う説もある。