203系

一般

203系

にひゃくさんけい

鉄道車両の形式

(当時の)国鉄1982年から製造した車両。

f:id:mikagekawase:20070415145618j:image

常磐線各駅停車と、直通する(当時の)営団千代田線向けに、103系1000番台を置き換える目的で製造された。

車体はアルミ製で、地下鉄に直通するため前面に貫通扉があるのが特徴。

システム的には201系とほぼ同じで、サイリスタチョッパ制御である。

また、0番台と100番台が存在していて、100番台は205系と同じボルスタレス台車で、0番台と比べて若干軽量化されている。

この車両の導入以前に使用していた103系1000番台は、冷房もなく、窓も僅かしか開けられない上、しかも抵抗制御で発熱が多いので地下鉄線内では夏場はかなり暑くなって、あまり運行に適した車両ではなかった

抵抗制御機自体が自然通風式構造を持っている為、トンネル内では発熱を抱えたまま走行する事になり、制御機故障が多発する原因ともなっていた。

短距離運転用の103系のアレンジである為、駅間距離が開く常磐緩行線区間では、走行性能不足も発生されていた。

また、営団地下鉄6000系と比べて103系1000番台は電気消費量が多いので、その差額を営団地下鉄に支払っていたりした。

203系に追い出された103系1000番台は、前面の貫通扉を溶接して常磐線快速に転用されたり、105系に改造されたり、中央総武線各駅停車営団東西線直通用に転用された。

発熱が少なくアルミ軽量車体で高速運転に対応できる203系は、登場当時の昭和58年の段階で従来の国鉄では考えられない斬新な前面デザインと共に話題になり人気がある車両となった。

しかし10年以上の経過を伴い、国鉄全体で使用例が少ない軽合金のこの車両は、汚れが目立ったり、ドアがガタガタうるさかったりする難点が目立つ結果となってしまった。

201系と比較し、地下鉄直通用としてモーターの出力が上がっている上、軽合金車体に合わせた軽合金の乗降ドアを使用した201系と異なる変更箇所が、騒音が大きく感じてしまうのもこれまた欠点として目立ってしまった。

そのため、一部の人たちの間では「汚物」「ボロ」などと呼ばれてしまっている

全車両が常磐線各駅停車東京メトロ千代田線の取手〜代々木上原にて運行中。

2008年夏頃を目途にE233系2000番台投入に伴い。207系900番台共々置き換えられることが発表される。

E233系2000番台は2008年に製造された第1編成が、試作車両である207系900番台置き換え後203系の置換えを即時行わなかった。

2010年4月以降になり、E233系2000番台第2編成以降が製造され、徐々に203系を置きかえる状況となっている。

f:id:mikagekawase:20110925164131j:image2011年09月26日、運行終了。