321系

地理

321系

さんびゃくにじゅういちけい

JR西日本の通勤型直流電車。207系の後継車両。2005年12月1日より営業運転を開始した。

特徴・性能

編成は3号車以外を全て電動車とした6M1Tの固定7両編成で、電動車は片台車駆動となっているため実質的には3M4T。2005年度に20本140両、2006年度に19本133両の計39本273両が製造された。全車、網干総合車両所明石支所在籍。

組成は ←西明石篠山口方 McMTMMMMc 京都・木津方→

基本的な性能は207系とほぼ同じだが全車単独走行が可能な仕様になっているため,現在は7両固定だが改造によって分割可能な編成にすることも可能.また、側面部に付いている行き先を表示するLED表示器には207系には無かった号車表示がある。

一方内装は207系とは異なる部分が多い。

一部のつり革の高さを従来より低くしたほか、座席は1人当たり470mmの幅を確保した6人掛けのバケットシートに変更されている。車内案内情報装置は従来のLEDに代わり、つり広告と交互に大型の液晶ディスプレイが1両当たり3カ所12面に設置されている。このディスプレイは沿線無線WANを通じて各種情報が逐次提供されることになっている。

また、JR福知山線脱線事故を受けて、当初は青帯一色の予定だったラインカラーは紺色とオレンジ色の2色に変更されている。また、先頭車を両方向ともモーター車として、207系よりも低重心化が図られている。

運用

103系置き換えのための201系205系をねん出するため、当初は201系に混ざって京都西明石間の普通列車に充当されていたが、D10編成からJR東西線直通対応としてパンタグラフが1両あたり2基になり、それ以前に製造された車両もパンタグラフが増設されたため、2006年3月のダイヤ改正から高槻新三田間の普通列車、2008年3月のダイヤ改正から松井山手西明石間の普通列車にも充当されるようになり、2010年3月には学研都市線のホーム延長工事の完成で京田辺以東にも入れるようになったため、JR宝塚線学研都市線快速区間快速列車にも運用されるようになった。

現在はJR京都線JR神戸線普通列車学研都市線JR東西線の普通・区間快速快速JR宝塚線の普通・快速で運用されている。