スマートフォン用の表示で見る

371系

地理

371系

さんびゃくななじゅういちけい

JR東海が、小田急との直通特急あさぎり」用として、1991年平成3年)に製造した特急型電車の系列。

7両編成1本が製造され、静岡運転所(現・静岡車両区(静シス))に配属され、1991年に営業運転を開始。

2012年3月16日の運転を最後に引退。翌17日から「あさぎり」は小田急60000形MSE)のみ運転に変更され、結局、特急格上げ前の小田急片乗り入れ体制に戻った。

背景

小田急国鉄JR御殿場線の直通列車は、昭和30年代から運転が続けられ、1968年昭和43年)からは、小田急SE車(3000形)により、小田急新宿御殿場間に急行あさぎり」が4往復運転されていた*1

しかし、3000形SE車)が老朽化してきたことや、沼津への延長運転が計画されていたことから、新型車を製造して、これに対応するようにしたもので、東伊豆への観光需要を開拓したい小田急と、東京新宿への橋頭保を狙うJR東海で、編成を持ち合うこととなった。

1991年平成3年)3月改正で、急行あさぎり」は特急に格上げの上で、運転区間を新宿沼津間に延長したが、その際に小田急側は20000形RSE)を2本投入、JR東海371系を1本投入して、営業運転を開始した。

当時は超好景気の時代であり、内装などは非常に凝った造りで、高級感を出している。

JR東海としては、最初の在来線特急型電車となったが、この系列のみ「ワイドビュー」の名称は付けられていない。ただし、371系が担当する特急あさぎり」(後述)は、時刻表に「JR東海ワイドビュー車両で運転」と記載されている。

特徴

運用(2012年3月16日まで)

1991年平成3年)3月改正で、特急あさぎり」で運用を開始。4往復中2往復を担当していた。また、静岡車両区への出入りを兼ねて、間合いで静岡地区の「ホームライナー」にも使用されていた。

※2009年まで夜間の下りホームライナーについては「あさぎり7号」沼津到着後三島まで回送し、三島始発としていた。

なお、371系電車は1本しかないため、検査などで使用できない場合は、以下の対応がとられた。

また、

*1小田急における種別は「連絡急行?」である。これは、小田急線内は特急と同格であるが、国鉄側の種別が「急行」であったために、便宜上、名付けられた種別である。