3D液晶ディスプレイ

一般

3D液晶ディスプレイ

すりーでぃーえきしょうでぃすぷれ

シャープの開発した、裸眼で見ることのできる立体表示が可能な液晶ディスプレイ

従来の立体表示技術は専用のめがねが必要だったが、裸眼で立体的に見える表示が可能。

通常のディスプレイと同じように表示させることもでき、文書作成などは通常モードで表示、アクションゲームなどは3Dモードで表示といったように切り替えて使うこともできる。

 通常の液晶画面の前面にスイッチ液晶と呼ばれる液晶の層を設け、この層によって光の進行方向を制御することにより、左右の眼に異なる像を見せ、立体的に見せる。

このように画面の前面に光の進行方向を制御する面を設ける方式を視差バリア方式という。スイッチ液晶の光の透過具合は電気信号で制御できるため、視差バリアを無くして通常のディスプレイと同じように表示することができる。