475系

一般

475系

よんひゃくななじゅうごけい

475系とは、国鉄が設計・製造した交直流両用(直流1500Vと交流20KV60Hz)急行型電車

変電所など地上設備の数が少なく済み、初期コストが少なくなる交流電化を地方線区中心に推進した結果、直流電化区間との直通車両が要求され、交直流いずれの電化区間も走行できる急行形電車が必要となったため、471・451系が作られた。モーター(MT46)の出力は100kW。

その後、モーター(MT54)が出力アップした(120kW)473・453系が作られた。

475・455系とは473・453系に抑速ブレーキをつけたものである。

詳しくは→ http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F2%C4%BE%CE%AE%B5%DE%B9%D4%B7%BF%C5%C5%BC%D6

M車に搭載された、ノッチ戻し制御が可能となるCS15形電動カム軸多段制御器により、M車+M'車2両分8基の主電動機を制御する1C8M構成のMM'ユニット方式を採用した。

台車は、ダイアフラム式空気バネのDT32・TR69系列が採用された。

勾配の多い地域で運用されることから、主制御器を勾配発電抑速ブレーキを搭載するCS15Bを採用。

急行運用

北陸地域

「くずりゅう」  米原 - 福井金沢

「越前」     大阪 - 福井間・敦賀 - 金沢間・大阪 - 金沢

「ゆのくに・加賀大阪 - 金沢

立山・越山」  大阪 - 富山糸魚川宇奈月温泉立山

「兼六」     名古屋 - 金沢

山陽九州地域

「ぎんなん」   博多 - 熊本

玄海」     名古屋 - 博多

「つくし」    新大阪大阪 - 博多

「はやとも」   広島 - 博多

「しらぬい」   岡山 - 熊本

「べっぷ」    新大阪 - 大分間

「ゆのか」    博多 - (日豊本線経由) - 大分間

「かいもん」   博多 - (鹿児島本線) - 西鹿児島

「そてつ」    熊本 - 西鹿児島

日南」     門司港小倉 - (日豊本線) - 西鹿児島


急行運用がなくなった後は、地方の普通列車運用についている。

475系は2014年4月現在は北陸地域で走っているが、北陸新幹線開業とともに、廃車にされるものだと思われる。